ホーム > 初めての方へ > 基礎知識1

わきが・多汗症の基礎知識1

わきがとは

わきがとは、腋臭症(えきしゅうしょう)という症状のひとつで、皮膚にある「アポクリン腺」と呼ばれる部位から汗が分泌されたときに特に強い臭いを発するものです。
腋窩部(わきの下)からの腋臭臭は、運動時などに汗をかくエクリン腺から汗を分泌した場合とは異なる特有の臭いがします。(酸っぱい臭い、汗臭いと表現されることが多い。)


わきがと認識できる特徴

  • しばしば他人に不快感を及ぼす臭い。
  • 衣服に黄色いシミができる。(腋臭臭の原因となるアポクリン腺分泌物によるもの)
  • 汗を大量にかく。(多汗症傾向もあり)

また腋臭症の一部の女性には、性器や乳輪からも腋臭臭を認められる場合があり、その症状はすそわきがと呼ばれています。

わきが・多汗症原理断面


エクリン腺

エクリン腺は、主に体温を調節するための汗腺です。
エクリン腺から分泌される汗は99%が水分で、残りの1%には塩分・尿素・アンモニア・ミネラル窓が含まれています。
足の臭いや体の汗臭さの原因が、汗そのものにあると誤解されているようですが、エクリン腺から分泌される汗は、そのほとんどが水ですから、汗そのものが臭うということはほとんどありません。


アポクリン腺

一方でアポクリン汗腺は脇の下・足の裏・そけい部などの特定の部位にある汗腺で、おもには緊張時に汗を分泌します。
そのため、ストレスを感じた時や、歩きにくい靴などを履いて足に強いストレスがかかった時にも、足の裏のアポクリン腺から汗が分泌されます。
アポクリン腺から分泌される汗も、主な成分はエクリン腺から分泌される汗と似ており、ほとんどが水分ですが、ほかに脂質・たんぱく質・糖質・鉄分・尿素・アンモニアなどが含まれます。
一般に、わきがや体臭がアポクリン腺から分泌される汗の臭いと思われがちですが、にんにくなどの特定の強い臭いを持つ食べ物を食べたりしない限り、汗自体にはほとんど臭いはありません。


汗は何故臭いがするのか

体が汗臭くなる原因は、エクリン腺やアポクリン腺から分泌された汗に含まれる脂肪(脂肪酸・中性脂肪)、たんぱく質、糖質、鉄分、色素、尿素、アンモニアなどが、肌の常在菌によって分解された結果として排出される排泄物の腐敗臭が原因と言われています。
同じように、足の臭い(におい)も、密閉された靴やブーツの中で、足裏のエクリン腺やアポクリン線から分泌された汗を栄養分にして、大量繁殖した雑菌やバクテリアの出す排泄物の腐敗臭が原因となって起こります。


皮脂腺

すべての毛穴に存在し、この皮脂腺から分泌される皮脂(皮脂膜)によって肌や髪の毛は潤いを保ち、さまざまな外敵から保護されています。
現代では皮脂というとニキビや吹き出物の原因物質だと嫌われがちですが、皮脂は肌を潤して守るとても重要な役割を果たしています。
しかし、皮脂の中には脂肪酸が含まれているため、酸化すると過酸化脂質となり、臭いの原因となってしまいます。


皮脂腺から分泌される皮脂が、直接わきがの原因にはなりませんが、アポクリン腺から分泌される汗と混ざり合うことより、臭いを助長させることにもなるのです。

ページの先頭へ戻る

多汗症とは

多汗症とは、読んで字のごとく「必要以上にたくさんの汗をかく病気」のことです。
特に緊張した時やびっくりした時にかく「精神性発汗」(エクリン腺からの分泌)によるもので、中でも手の平や足の裏に限定して大量に汗をかく場合には、「手掌足蹠多汗症(しゅしょうそくせきたかんしょう)」といいます。
精神性発汗の特徴は、手の平や足の裏に大量に汗をかくことで、脇の下や顔面を伴うこともありますが、体からはあまり出ないことが多いと言われます。
字を書こうと思ったら紙が濡れて破れてしまった、他の人と手をつなごうと思ったら自分の手がべたべたしていたなどの自覚症状がありますが、その程度は様々で、「いつも手足が湿っている」程度の人から「滴り落ちるほどいつも濡れている」人や「したたる汗でパソコンの調子がおかしくなった」人までいます。

ある程度の汗はかいて当然。誰にでもあることなので必要以上に「私って多汗症?」などと思わないようにしましょう。


多汗症の原因

以前は、人よりも緊張しやすいからとか、神経質だからだと考えられ、「気の持ちようで汗はかかない」と思われていた。
しかし、リラックスしていても手の平から汗が出たり、朝起きたとたんに汗をかくということもあります。
多汗症は、精神的に緊張したことで汗をたくさんかくのではなく、緊張したときに発汗を促す交感神経が過敏すぎるために汗を多くかきます。
そのため、朝目覚めたなど、ごく普通に交感神経が活動しはじめただけで、人一倍汗をかいてしまうのです。
また、多汗症の裏にはたくさんの汗がでる原因として、何らかの病気が関係している場合もあります。


多汗症の裏に潜む病気

【更年期症候群】
更年期になって卵巣機能が衰エストロゲンという発汗を抑制するホルモン分泌が低下する。


【甲状腺機能亢進症】
甲状腺ホルモンの増加により、基礎代謝が高まり多量に発汗する。


【褐色細胞腫】
アドレナリンの大量分泌により、代謝が高まり多感になる。


などが挙げられます。

ページの先頭へ戻る