ホーム > 治療メニュー一覧 > ミラドライ

ミラドライ

ミラドライとは

ミラドライ ミラドライは、これまで手術以外では難しいとされてきた、わきが・多汗症の原因となるアポクリン汗腺、エクリン汗腺にマイクロ波を照射することによって、原因に攻撃することで機能を停止し、わずか1時間の治療で臭いや汗の悩みを解決します。
失われた汗腺は再生しませんので手術同様、長期間の効果をもたらします。
いままで『メスを使わずに治したい』、『治療後の傷跡が心配』で、なかなか治療に踏み切れなかったという人から非常に高い評価を受けている治療法です。

ページの先頭へ戻る

ミラドライの4つ魅力

1)切らない(非侵襲的)

スを使わないことで安心して治療を受けていただけます。また感染などのリスクも大幅に減ります。米国FDA(FDA 510k Clearance)も取得。厳格な臨床試験及び病理学的研究成果でも絶賛を受けて居ります。


2)傷のない治療

ミラドライでは皮膚表面を切ることがないので、傷痕が残らず審美性を維持できます。
治療時間も短く、片側約20~30分の、合計約60分の短い治療になります。


3)治療後でも日常生活可

術後少しの腫れは見られますが、日常生活も可能です。
ただし運動や入浴は控えていただくことになります。


4)長期間の効果

攻撃した汗腺の再生はありませんので、外科的手術と同じく長期間の効果が期待できます。
効果も治療終了直後から実感していただけます。

ページの先頭へ戻る

ミラドライの治療原理

ページの先頭へ戻る

ミラドライ治療の流れ

ページの先頭へ戻る

ミラドライ治療後のアフターケアについて

治療後は数週間程度、ヒリヒリした感じや腫れ、違和感がある場合がありますので治療当日と翌日は脇の下を冷やすことや、抗炎症剤の服用などで症状を緩和させます。
数日間は体を温める(血のめぐりが良くなる)行為は避けましょう。激しい運動、飲酒、入浴などは禁止です。
※シャワーは治療当日に浴びてもOKです。

ページの先頭へ戻る

ミラドライの欠点

【コストがかかる】
一番の欠点は、コストがかかる事でしょう。わきがの治療は、ほとんど保険は適用されませんが、ミラドライも自由診療となります。
モニターとして治療する事によって治療費を抑えられる場合もあります。


【治療を行える病院が少ない】
ミラドライは新しい治療方法なので、治療を行っている病院が少ないという点も欠点にはいるでしょう。


【わき毛の減少】
治療によりわき毛の減少が伴いますので、男性にとってはマイナスになる場合があります。(全くなくなる事はありません。)


【効果には個人差がある】
ミラドライの効果は70~80%と非常に高いですが、どんな人にも同様の効果があるとは言い切れません。
臭いに関しては、本人の感覚によって満足度が違ってきますので、人によっては想像していたよりも改善率が低かった…と言う場合もあるようです。


どの治療にも言える事ですが完治率が100%の治療はありません。万一、ミラドライや別の治療を行って結果が不十分の場合は、もう一度ミラドライを行う事もできますし、別の治療方法を模索してみるのもいいかと思います。

ページの先頭へ戻る

ミラドライで治療ができない方

  • 妊娠中の方
  • ペースメーカーを使用している方
  • 酸素投与している方
  • 他の疾患を併発している方
  • 局所麻酔で問題の起きた方
  • 皮膚がデコボコでミラドライ装置が上手く当てられない方
ページの先頭へ戻る

価格

ご相談は初診料の¥2,700のみです。
お気軽にご相談下さい。

  価格 備考
1回(保証付き) ¥463,000 1年以内の再照射 無料
1回(保証なし) ¥360,000 1年以内の再照射 ¥162,000
モニターキャンペーン価格 詳細はお電話にてお問合わせください
切らずに、半永久的な効果 『ミラドライ』
ご予約・お問い合わせ
切らずに、半永久的な効果 『ミラドライ』
ご予約・お問い合わせ

その他のわきが・多汗症治療メニュー

ページの先頭へ戻る