ホーム > ボトックス > 原発性腋窩多汗症の診断について

原発性腋窩多汗症の診断について

保険適応となる脇汗の正式名称は「原発性腋窩多汗症(げんぱつせいえきかたかんしょう)」といい、なんらかの病気や服用中の薬が原因で一時的に脇汗が増えている場合は、元となる病気を先に直す必要があるため多汗症ボトックスの保険適応にはなりません。


腋窩多汗症の診断

原因不明の過剰な局所性発汗が6ヵ月以上持続していることに加え、
下記6項目中2項目以上を満たす場合に原発性局所多汗症と診断します。


原発性局所多汗症の診断基準
原因不明の過剰な局所性発汗が6ヵ月以上持続していることに加え、
以下の6項目中2項目以上を満たす

• 両側性かつ左右対称性に多汗がみられる
• 多汗によって日常生活に支障が生じている
• 週1回以上の頻度で多汗エピソードがみられる
• 25歳未満で発症した
• 家族歴がある
• 睡眠時は局所性の発汗がみられない


腋窩多汗症の重症度判定


腋窩多汗症の重症度を判定する検査として、発汗量の測定があります。
これにはヨード紙やヨード液を用いる定性的測定法と、重量計測法や換気カプセル法などの定量的測定法があり、それぞれ治療効果の判定に用いることも可能です。
重症度の判定では、患者の自覚症状から簡便に評価を行える“Hyperhidrosis Disease Severity Scale”も使用されます。

Hyperhidrosis Disease Severity Scale(HDSS)
1. 発汗は全く気にならず、日常生活に全く支障がない
2. 発汗は我慢できるが、日常生活に時々支障がある
3. 発汗はほとんど我慢できず、日常生活に頻繁に支障がある
4. 発汗は我慢できず、日常生活に常に支障がある
※3および4は重症多汗症と判定される。

国内外のガイドラインでは塩化アルミニウムの外用が第一選択の治療とされています。
ボツリヌス療法は、外用薬の効果が不十分な場合や、副作用により外用療法の継続が困難な場合の第二選択と位置づけられます。
2017年4月現在、原発性腋窩多汗症に対して保険適応を有する塩化アルミニウム製剤はありません。また、弊社製品ボトックスの効能・効果に関連する使用上の注意として「原発性腋窩多汗症の診断及び本剤による治療は、国内外のガイドライン等の情報を参考にして慎重に行うこと」が定められております。


ページの先頭へ戻る